愛知県は地域によって街並みの様子が違います。

名古屋市内は全体的にJRや地下鉄や私鉄といった電車やバスなどの公共交通機関が発達しており、百貨店やスーパー、ショッピングセンターなどが数多くあり、お店も比較的遅くまで営業しています。

 

また名古屋市外の知多半島や渥美半島の市町村や岐阜寄りの市町村は自然の多い環境があり、公共交通機関がそれほど発達していないところも多くあります。

そのようなことを考慮すると名古屋市内は家賃が比較的高めで、名古屋市から離れるほど家賃が安くなる傾向にあります。

 

家賃に関しては名古屋市内で見てみると、栄や名古屋駅前、金山などの主要駅のある地域から離れるほど安くなる傾向にあり、逆に市内の東南側にある緑区や北部側にある守山区は、公共交通機関が都心よりは発達していないということもあって比較的家賃が安いです。

 

一方で名古屋市外でも蟹江町や清須市など名古屋市の西側にある市町村は、名古屋駅や栄駅から比較的近くにある自治体である上に公共交通機関は比較的発達している方です。

そして名古屋市外ということもあって、家賃は安い傾向にあります。

 

よって蟹江町や清須市などは、名古屋市外から都心部にアクセスするには便利でお得に生活できる地域だといえます。

また生活するにあたって、自家用車を所有しているかどうかでも住むのにふさわしい地域は変わってきます。

 

自家用車を所有しているのであれば、それほど公共交通機関が発達していない地域の方がお得に住むことができます。

公共交通機関が発達していない地域では、無料で利用できる駐車場が確保された大き目のショッピングセンターがあることが多い上に、賃貸物件の駐車場代も無料かもしくは安いからです。

 

逆に自家用車を所有していないのであれば、最も家賃の高い主要駅から少し離れていて公共交通機関が充実している、地下鉄の終点駅付近の名古屋市内の賃貸物件を選んだ方が便利に生活できます。