千葉県内に住むならば、市川市がおすすめです。

市川市は、元々東京都内へ働きに出ている人のベッドタウンとして成長を続けてきた街なので、静かな住宅街が広がっており、仕事が終わった後は、都会の喧騒を離れてゆっくりと過ごしたいという方に、非常に向いている都市だと言えます。

 

また、市川市は千葉県でありながら、川を挟んですぐ隣は東京都の江戸川区という場所にあるため、電車や地下鉄を利用すれば、東京の都心部まで約30~40分で出られるだけでなく、終電が割と遅い時間に設定されているため、都心部でたっぷり仕事をしたり、遊んだりした後でも戻ってきやすくなっています。

 

自動車を使う人の場合でも、京葉道路、首都高速湾岸線、東関東自動車道といった既存の高速道路を利用して各方面へ出かけられるのに加え、現在、東京外環自動車道が建設中で、市川市内には、市川北インターチェンジ、市川中央インターチェンジ、京葉ジャンクション、市川南インターチェンジの4つが準備される予定となっており、さらに便利になることが予想されます。

 

そして、交通の便の良さもさることながら、東京都内に比べると家賃が安いというのも特徴で、ワンルームでだいたい5~7万円程度というのが相場です。

 

気になる駅前の様子ですが、東京都内のような、オシャレなお店こそ無いものの、ベッドタウンということもあり、スーパーやコンビニや飲食店といったような、生活に必要なお店は一通り揃っており、非常に暮らしやすくなっています。