宮城県の中で住みやすい場所と言うと、仙台市が候補に挙がります。

宮城県の中でも都市建設の開発スピードが一つ先をいっています。

 

交通インフラ、日用品を確保する場所、学生街や観光場所、全てのバランスが取れているのが仙台市です。

その仙台市に的を絞って、家賃の相場価格を見ていくとどうなるでしょうか。

 

仙台市は5つの地区に分かれていて、海辺に面している宮城野区と若林区、内陸に位置している泉区、青葉区、太白区で構成されています。

家賃の安さで言うと、圧倒的に宮城野区と若林区が安くなっています。

 

これは海辺に面しているかどうかという場所的な問題と、中心地域に近いかどうかという関連性にあります。

中心地域は仙台市の中心である青葉区になっており、仙台市の都心部と言えます。

 

それだけに家賃が高く設定されている青葉区ですが、官庁街やオフィス街、大型ショッピングスーパーなどがある商業地区など、開発が先進的に進んでいます。

青葉区に隣接している泉区と太白区は、青葉区ほど家賃が高くなく、宮城野区と若林区ほどには安くなく、両者の中間的な価格帯に落ち着いています。

 

中心街が広がる仙台市青葉区へのアクセスを意識して、家賃の合間を取って泉区と太白区に住むという選択肢も有りかもしれません。

また、家賃が高いと言っても、東京都などの都心と比べると圧倒的に安い点も考慮に入れるべきです。

 

そういった意味では、青葉区への移住も選択肢の一つに入れて損はありません。