栃木県で住むのに適している場所はどこであるかと問われたならば栃木県の県庁所在地でもある宇都宮市を外すことはできません。

まず宇都宮市は人口は50万人以上を誇る大きな都市でありますから、生活するのに必要であると思われるような生活インフラはしっかりと整っています。

 

周辺を合わせれば北関東最大の都市圏ですから当然のことです。

とくに宇都宮市は鉄道を始めとする交通インフラについては文句をつけようがありません。

 

宇都宮市の中心としても機能しているJR宇都宮駅は東北新幹線が利用できますし、東北本線や日光線も利用できます。

東北新幹線を利用すれば宇都宮駅と東京駅間はわずか50分という便利さですので、宇都宮は首都圏から十分に通勤圏内と言ってもいいくらいです。

 

それだけではなく、もう一つの宇都宮駅である東武宇都宮駅があり、東武伊勢崎線、日比谷線、半蔵門線などでダイレクトに都心に行くことができます。

もちろん、東北新幹線に時間的にはかないませんが、リーズナブルに都心まで行くことができます。

 

それに鉄道ではなく自動車の利用にも東北自動車道や各国道がしっかりと整備されているので、自動車中心の生活であっても不便を感じることは少ないでしょう。

 

これほど交通インフラが充実している宇都宮市は少し離れれば自然いっぱいの環境も感じることができます。

日本有数の観光地である日光も遠くありません。

 

いわば宇都宮市は大都会ですが、適度に田舎でもあるという表現が合うのかもしれません。